安全で美味しいお水を宅配で届けて貰っています。

3.11以降、子供を待ち望んでいる私達夫婦も、水について危機感を覚えるようになりました。

お水は毎日大量に口に入れるものです。人間の体の殆どが水分でできているとも言います。

せっかく授かった赤ちゃんにもしもの事があったらと思うと多少のお金は払っても 安全な水で生活したいと思いました。

はじめはペットボトルの水を買って運んでいたのですが、毎日のお茶やお料理に使うので あっと言う間に無くなってしまいます。

宅配でペットボトルのお水を買うようになったのですが、 今度はゴミが気になりだしました。地球環境にも良くないだろうとも思えきました。

そこで震災以降、特にシーエムを目にするようになったレンタルサーバーを検討するようにしたのです。

調べてみるとレンタルサーバーは水を買うより安くって、しかも家まで運んでくれます。

そして無駄で大量なゴミも出ません。そしてお水の質も安全を保障されたものでした。

まさに探していたのはこのお水だったんだと気づいて、早速注文しました。

今は、とっても便利なこのレンタルサーバーでいつでも新鮮なお水を頂ける事ができます。

このレンタルサーバーのお水を頂くようになってから、お水そのものを楽しむ事が習慣になりました。

勿論お茶や珈琲にしてもとても美味しいのですが、お水だけを飲んでも本当にクリアで体に染みわたる美味しさなのです。きっと凄く体にも良いと思います。

自分でメンテナンスしなくても良いのも助かります。

お子様がいるお友達なんかにも勧めています。

一人暮らしの引っ越しなら自分で

はじめまして。

二度の引っ越しを経験しました。

一人暮らしの引っ越しの場合、近い場合は自分でやった方がはるかに安く済みます。

今日は私の経験から、自分で引っ越しをやった場合具体的にどんな感じになるのかをお話ししようと思います。

一人暮らしの引っ越しといえども、業者さんに頼んだ場合は同一市内でも最低1万円近くは取られてしまいます。

自治体が違えば1万円を超えることは確実です。

同一県内であっても、距離があれば数万円という値段設定の業者が多いかと。

(まあ、運ぶ荷物がそれなりに多い場合や、かなり重たく自分一人では運べそうもない荷物がある場合は業者に頼むのもありかもしれませんね)

しかしそんな経費を払うぐらいであれば、自分で軽トラやミニバンを調達してしまった方が遙かに安くすみます。

知り合いから借りる場合はガソリンを満タンにするぐらいでいいでしょうし、ツテがないならレンタカーで短い時間で借りればよいわけです。 せいぜい3千円くらいしか掛からないでしょう。

もちろん家具やテレビなどの重たいものは自分で運ばなければいけませんが、いい運動にもなりますし、自分でダイレクトに配置出来るので、面倒なことはありません。

どうしても重たいものを運ぶ自信がないというのならば、友達やら家族やらに頼んでしまいましょう。

お礼にご飯を奢っても、せいぜい千円ぐらいの出費にしかならないでしょう。

一人暮らしなのですから、運ぶものの点数は一般的に少ないでしょう。

ものの2時間もあれば終わっているはずです。

最近映画館で映画を見ていません。

今時、レンタルでDVDやブルーレイが借りられるので、映画を映画館に見に行く必要性というものは減ってきたのかもしれません。

しかも家庭のテレビもどんどん大型化してブラウン管のころのテレビに比べれば迫力もあります。

ですがやはり、映画は映画館で見たいものです。

映画館ならではの巨大画面と音響で大迫力であることもそうですが、雰囲気が大事です。

「映画を見に来たぞ~!」って感じになりますよね。

 

このブログでは、映画から学んだためになる話や情報、特に安いものを比較して買うために得られるヒントといったかなりひねくれた内容で書いていきたいと思います。

対象は何でも。引越しやハウスクリーニングのサービス業から、資格取得のための通信講座、お水の宅配サービスのウォーターサーバー業者、美容・健康お役立ち商品など分野は問いません。

良いと思う情報は、どんどん無節操に掲載していきますのであしからず!

 

あー、映画館で映画観たい!